首の後ろのニキビ跡がひどい・治らない

MENU

首の後ろのニキビ跡がひどい・治らない・・・あきらめないで!

クレーターと呼ばれる凸凹な首の後ろのニキビ跡については、
ケミカルピーリングなどの処置が必要になってくる場合があります。

 

一方、赤いボツボツやシミやそばかすのような色素沈着型は、
時間がかかっても自力で治すことが可能です。

 

「繰り返すにきびが、首の後ろのニキビ跡を治すことに専念させてくれない・・・」と思いがちです。

 

しかし、実はきちんとした肌ケアや食生活、生活習慣で、
なかなか治らない首の後ろのニキビ跡も、改善・解消することが可能です。

 

肌は常に生まれ変わっています。

 

ターンオーバーと言われる肌の入れ替えが行われているので、
その動きを阻害するようなことを排除していくことが大切です。

 

そのためには、十分な睡眠、ストレス解消、適度な運動、バランスのとれた食事が特効薬です。
そして、間違った肌ケア方法も見直すようにしましょう。

 

ついつい目先の症状だけを改善したくて、
皮脂を取り過ぎてしまう洗顔料や塗り薬を安易に使ってしまいがちですが、
それでは根本的な解決になりません。

 

首の後ろのニキビ跡は、すでに肌に残ってしまっているので、体の内部から治す必要があるのです。
いくら常に生まれ変わっていると言っても、全ての肌が生まれ変わるには時間がかかります。

 

短期間で結果を求めようとせず、
根気よく肌と向き合うこそ、完治させるポイントでもあります。